自己破産したら…クレジットカードはもてない?

自己破産してしまったら、クレジットカードは持てないのか

事情があって過去に自己破産してしまった。けれど今は定職につき、安定した収入もあるからクレジットカードを持ちたい。そんな方は、クレジットカードは持てるのでしょうか。

結論からいうと、持つことはできます。
ただし、条件として自己破産から一定の期間が経っていることが大切です。

カードは持てるが、自己破産から最低でも5年間は不可能と考えるべし

自己破産したという事実は、債権者である金融機関によって債務者の個人信用情報に登録されます。そうすると、最低でも5年間はクレジットカードを作ることはできません。

個人信用情報機関とは、個人のクレジットカードの利用履歴やローンの利用履歴などの情報が登録されている機関です。
現在、日本で稼動している個人信用情報機関は主にCIC(シー・アイ・シー)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)の3つになります。

さて、各クレジットカード会社は、このうちいずれかの個人信用情報機関に加盟していて、クレジットカード申込者の個人信用情報をチェックします。

個人信用情報機関は、自己破産に関して、最低でも5年間は情報を保管しています。

自己破産をした人が自己破産後5年以内にクレジットカードに新規に申し込んだ際、クレジットカード会社が個人信用情報機関に問い合わせるたびにこの自己破産情報を目にすることになり、審査には悪影響を及ぼします。

自己破産してもクレジットカードを作ることは可能ですが、あくまでも自己破産の情報が保管される5年間を過ぎてからになります。

自分が迷惑をかけたクレジットカード会社のカードは、二度と作れないと考えるべし

ただし、たとえ5年以上が経過していても、自己破産時に債権者になってしまったクレジットカード会社が発行しているクレジットカードは、二度と作れないと考えておきましょう。

自己破産から10年経っていれば、ほぼクレジットカードは作れる

さきほども書いたように、自己破産後5年間はクレジットカードを作ることは無理だと考えておいたほうがよいでしょう。自己破産後10年以上が経過すると、自己破産したという事実は完全に個人信用情報機関から消えますので、そのときにきちんと定職についていてほかにクレジットカード審査にあたりネガティブな問題がなければ、クレジットカードを作ることができます。