クレジットカードの入会審査は何を見ている?

新規にクレジットカードに申し込んだ際、通らなければならない関門が入会審査

クレジットカードはお金に変わる大切なもの。ですから、クレジットカード会社もそう簡単にはクレジットカードを発行しません。

各社ともに、申込者がクレジットカードを発行するだけの信用に足る人物かどうか審査をしたうえで、クレジットカードを発行するかどうかを決定しています。これが「入会審査」なのです。

申込者本人の「返済能力」が重視されるポイント

クレジットカード会社がなによりも重視するのが、申込者本人の「返済能力」です。
クレジットカード会社は、カード会員に代わってクレジットカード利用代金を立て替えるわけなので、当然ですがカード会員に返済能力がなければ、クレジットカード会社は不利益を被ります。

申込者がしっかり返済能力がある人であるというジャッジができれば、クレジットカード会社はカードを発行してくれます。

「返済能力」は「個人信用情報」を参考にジャッジされる

クレジットカード会社が申込者の返済能力を判断するために参考にしているのが、「個人信用情報」と呼ばれるものです。

「個人信用情報」とは、個人情報信用機関という機関に問い合わせて得る申込者個人の過去のクレジットカードやローンの利用履歴(クレジットヒストリー)のことです。

もし、このクレジットヒストリーに、過去に支払いを遅延していたり自己破産していたりという履歴が残っていれば、返済能力がないと判断され、審査に通りづらくなります。

自己破産の場合、最低5年は新規クレジットカードの作成が不可能と考えておいたほうがよいでしょう。

「スコアリング」方式で申込者を判断している

クレジットカードの入会審査は、スコアリングと呼ばれる得点方式で行われています。
申込者の属性、年齢や勤続年数、職種、年収、勤務形態と、うえで述べた個人信用情報機関の情報を得点化し、合否を決定する方法です。

審査に通るには、まずはしっかり申込書を記入すること

個人信用情報に記載された自分のクレジットヒストリーは、これまで自分が築きあげてきたものなので、どうしようもできませんが、申込用紙をしっかりと丁寧に書くことも非常に大切です。

誤字脱字はもちろん、うその申請は控えるようにしましょう。